本当の自分

自己愛性パーソナリティ障害の被害者

逃げられない仕組み

DVにしても、精神的被害をうけても、どうしていつまでも被害にあいながら
その関係から逃げられないのでしょうか?

それは、自分の直感よりも、相手の言葉を信じてしまうからです。

自分を疑うように、催眠術にかけられているような状態です。

毎日少しずつ、「気のせいかな?」 と思うような小さな嘘で、洗脳されていきます。

ですから、離婚しても、仕事を辞めても、解決にはならないのです。

 

 

自分の落ち度を責めたり、自殺を考えたりする前に、自己愛性パーソナリティ障害のことを知って、自分や家族を守って欲しい。

あなたの被害度チェック

 

もしも、あなたが、尊敬する人、または信頼している人に、

  • 自分の話が、通じていない。
  • どうして、苦しい状況が変わらないのか、分からない。
  • 目を見て、さっき言ったことを、言ってない、という。
  • やってくれる、と約束したのに、なかなか行動する気配がない。
  • まさか、相手が、嘘をつくはずがない。

そう感じるなら、一度疑って欲しいのです。

 

自己愛性パーソナリティ障害の衝動

皆がうらやむ、幸せなはずの、あなた。

苦しいのなら、途方に暮れているのなら、信頼している、その人の言葉を、信じてはいけない。

自己愛性パーソナリティ障害は、たくみな言葉で、あなたを翻弄し、あなたが苦しめば、彼らは、少し苦しさがやわらぐ。そういう障害なのです。そして、そのターゲットになるのは、人を疑わない、優しい人なのです。

自己愛性パーソナリティ障害のアリ地獄から、自分を救って下さい。

 

共依存を共生共存に

現在ある、自己愛性パーソナリティ障害への対応の仕方は、通常、目には目を、歯には歯を、です。             

しかし、実際には、人と戦ったり、疑ったり、嘘ついたり、恨んだり出来ない、そういう人がターゲットになるのです。そういう人の視点に合わせた、「共生共存」を目指します。

離婚がしたくて出来るなら、問題はない。

そう出来ない人は、根っこから体質改善するのがオススメです。

是非ご相談ください。

 

メールレッスンはこちら