本当の自分

「パンがなかったらケーキをお食べ」世間から理想の幸せ像を生きてると思われているあなたへ

自分以外の人との共存は得意ですか?
和を乱さないために、自分を犠牲にすることに慣れていませんか?

それは。
子供のため?
家族のため?
自分のため?

この記事は、旦那さんが社会的地位が高く、世の中では成功者(いわゆるセレブ)とみられている方の奥様で、世間には理想の幸せ像を生きてると思われている方に向けて書いています。

あなたはマリーアントワネット!?

悩みを持つ、セレブの妻なんて、外から見たら
「パンがなかったからケーキをお食べ」
と言っている、マリーアントワネットさんに見えるのです。

そして、平和とか共存とか言うと虫酸が走るのです。
いけ好かないのです。

あなたが社長夫人で幸せならそれでもちろんいいです!
あなたがスターである旦那さんとの豪華な旅行や買い物を楽しんでいるならもちろんここは場違いです。

あなたの旦那さんが自己愛性人格障害のセレブレティだった場合、
あなたの敵は、自己愛性人格障害でしょうか?

セレブ系自己愛性パーソナリティ障害の夫との共存は半端じゃありません。
その理由をこれからお話しますね。

理由は「敵は旦那さんではなく世間」

いろんな理由はありますが、その一つは敵は旦那一人ではなく世間だからです。

世間は言うでしょう。
「あれだけの人だから、ある程度の不都合はあっても仕方ない」
と。

セレブ系自己愛性パーソナリティ障害の旦那さんは、家では目も合わせない。
それなのに一歩外に出ると、別人のように手をつないできたりします。

不思議ですよね。
だから、世間の人にはわからないのです。

  • あなたは旦那さんのスケジュールに合わせて、仕事の邪魔にならないようにいろんなことを我慢する
  • それでもいない間に楽しいと思えることをして上手に暇つぶしをする

しかし、相手の奔放な行動はエスカレートするばかり・・・。

相談しても、なにも解決されず、もっと辛くなる・・・

お友達に、悩みを打ち明けたとしても
「うちもそうよ!」
「うちの主人もやってくれないわよ」
という返答ばかりではありませんか?

そういった周りからの反応で、モヤモヤを解決しようとした、あなたの心は楽になりましたか?
かえって、苦しくなりませんか?

なぜなら、世間は「それくらい当たり前」というからです。

世間の目は節穴

でも、周りの反応や言葉を、あなたは信じなくていいんですよ。
みんなが、あなたが体験していることを、経験しているわけじゃないのです。
みんなの当たり前は、あなたの当たり前じゃないから。

世間の苦しみとは、また別の苦しみがある。
他人の苦しみはわからないものなのです。

世間は、私たちにあるように見えるもの(たとえば地位と富のイメージ)だけを見ています。
あなたが、失っているものを見ることは決してないのです。

虚像ではなく、真実のあなたに目を向けましょう。

もしも、あなたが愛を求めているなら、ぜひ自分の探求をはじめましょう。

あなたが本当に欲しいのが「尽くす相手」で、相手が自己愛性人格障害なら、尽くして尽くして尽くした後に捨てられます。

あなたが本当に欲しいのが「相手の富」ならうまくいくかもしれません。
不倫で満足できるなら、それでもちろんいいと思います。

「他人から見た理想の幸せ像」に、その「虚像」に住み続けますか?

でも無一文の頃から相手の情熱を形にすることを、一緒に夢見たあなたなら。
成功、名声、富、資産、ブランドを持っていたとしても、興味がないかもしれません。

あなたが本当に欲しいのは何ですか?

周りの人には相談しないでください。
それこそ、マリー・アントワネットのように、広場で処刑されます笑。

辛くなったら、そっと私に教えてください。
周りが思い描くあなたではなく、本当のあなたのことを。
セレブ系自己愛性パーソナリティ障害の夫と長年暮らしてきた私は、あなたの気持ちが痛いほどわかります。

メールレッスンはこちら